とうもろこしな日々
怪談サークル・とうもろこしの会のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
リンス


特に良いことも悪いこともなく、歳が過ぎようとしている。

だが、そんなこと言ってたら日記の一つも書けない。
ここは敢えて、最近起きた悪いことを言ってみようと思う。
もうここを読んでる人もいないだろうけど、もし誰かが読んでいたなら、僕がそこそこ良い気分になったことよりも、悪い目にあった話の方が読みたいだろう。
さて、最近、僕にあった悪いこと。
「自分はシャンプーとリンスを使って頭を洗っていると思っていたのが、実はリンスとリンスで頭を洗っていた」
これだ。
3週間、気付かなかった。
泡立たないシャンプーだなあ。
ヌルヌルしたシャンプーだなあ。
そう思いながら、シャンプーの容器からリンスを出していた。
シャンプーの後はリンスだぞ。
そう思って、リンスの容器からリンスを出して、また頭を洗う。
そしてある日、ふと気付いたのだ。
「分かった」風呂場で一人、そう呟いた。
「分かった。これ、どっちも、リンスだったんだ」
3週間ものあいだ、
僕は髪の毛の汚れも落さず、
ただただリンスでコーティングするだけの毎日だったのだ。
それも、1度の入浴で2回も。
毎日、毎日、2回も。
「は、ハゲさせる気か!」

リンスだけを責めても仕方ないので、原因を考えてみた。
これはもしかして、数学的トリックの仕業では無いだろうか。
シャンプーとリンスの減る量に差があるというのは、誰しも感じていることだと思う。大方はシャンプーの方が早く減るだろうし、僕もそうだ。リンスが少し残っている段階で、まずシャンプーが切れるのが普通。
さて、ここで、また新しい容器のシャンプーを買えば全く問題がない。ないのだが、このご時世、そんな贅沢者はいない。同じ容器を使って、安い詰め替えパックの方を買うだろう。すると、今度はシャンプーが満タンで、リンスが少ない状態になる。今度はさすがにリンスの方が先に空になる。なのでリンスを注ぎ足す。
ここからが第2ターンの始まりだ。この回では、やはりシャンプーの減る量が早い上に、ターンの始まりで既にシャンプーが減っているので、第1ターンより早く、シャンプーが枯渇する。
そして、このターンを何度も繰り返す内に、あるタイミングで、シャンプーとリンスが同時に尽きる瞬間がある。あたかも、軌道の違う太陽系の惑星たちが、ある年にだけ、一直線に並ぶタイミングがあるように。
その時、ウッカリいつもの調子で買い物していると
(あ、リンスが切れてたな)
という記憶と
(あ、容器が2つ切れてたな)
という記憶がゴッチャになってしまい
リンスを同時に2つ、買ってしまう羽目になるのではないだろうか。
リンスを同時に2つ、詰め替えてしまう羽目になるのではないだろうか。
そして3週間、リンスだけで頭を洗う羽目になるのではないだろうか。

ここまで書いてみて気が付いた。
別に頭がウッカリしてたら、どんなタイミングだろうが、
間違ってリンスを2つ買うし、
3週間リンスだけで洗髪してて気付かない事って、在り得る。
問題は、僕の頭だった。
なにごとも文章に起こしてみると、整理がついて問題点がハッキリする。
皆も、もっともっと文章を書いてみるといいと思うよ。

| comments(0) | trackbacks(1) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Speak Your Mind...









Trackback URL
http://tomorokosi.jugem.jp/trackback/504
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/17 2:32 PM |
Recommend
Categories
Archives
Links
Profile