とうもろこしな日々
怪談サークル・とうもろこしの会のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
赤兵衛

赤兵衛っていうマンガがある。
皆大好きビッグコミックオリジナルの一番最後に載っている、3ページ赤2色カラーのマンガといえば分かるだろうか。絵自体は、昔ながらのけっこう上手いタイプのやつ。で、まったく僕の個人的な意見なので聞き流して欲しいのだが、この赤兵衛、これ、日本で最も「え、なに?どういうこと?」って言われた回数が多いマンガじゃないかね。シュールとか難解とか、そういうことではなく、なんつうか、まあ、ギャグマンガ、なのかな、なんだろうかな、まあ、ウンコとかチンチンとかすげえよく出てくるし……お笑い的な?何か?を表現しようとしてる?……のかな?としか言えないような、そんなマンガなのですよ。例えば「なんか目の前に巨大な棒があるから、不思議に思っていじってたら、それ、ただのデカいチンコだったー。ちゃんちゃん」とかね。冗談抜きに、本当にそれだけ。ビックリ。それで1話分なのよ。しかもそのパターン、年に5,6回はあるし。「これ、なにがなんなのか説明しろよ!」3年前、友人から
オリジナルの最後のページを開きながら半ギレされたこともいい思い出。これに比べりゃ、同誌に載ってる「ヒゲとボイン」だってくすぐりどころが了解できる分キチンと笑えるし、「玄人のひとりごと」に至ってはハイパーセンスのギャグマンガと言えますよ。普通どんな詰まらないマンガでも、どういう面白さを狙っているのか位は分かる筈だけど、それすら見えてこないし。もう、このマンガに対抗できるのって藤子不二雄Aの「PARマンの情熱的な日々」しかないのでは。
そう思いながら人生を生きてきたのだが、今週の赤兵衛。これが僕のオリジナル暦の中でも、特にスゴかった。いきなり、巨大な鏡餅が空から降りてきて(なぜかは説明なし)、その底の部分を赤兵衛が刀で切りつける(なんで切ったのかという説明は一切なし)。そしたら、切ったところの周辺が「ぷっくりふくらんで」女陰ソックリになってしまった!女陰底の鏡餅が上空を自由に飛びまわる!たいへんだ!子供に見せるなー!と村中の皆が家に閉じこもってしまう。最後のコマ、なぜか空に巨大な鳥の影が浮かんでいる。そしてテロップ「この後、鳥インフルエンザが村を襲ったのだが、みんな家に閉じこもっていたので無事でした」。完。

なにこれ?


| comments(3) | trackbacks(4) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
Speak Your Mind...
Comment
やっぱオリジナルは、対象年齢が中年なんですよ。私たちが分かる事も、おじさんにはまったくな理解不能なケースもあるわけですから。

基本的中年のロマン。そんなオリジナルを、五才からトイレで毎週呼んだ私は、小学生から、同級生と話しがあわなくなった。
| あたこ | 2009/01/27 5:24 AM |
Comment
中年にしても、今時のアラフォーがヒゲとボイン読んで、あるあるって笑ってるとはとても思えず。むしろ年齢層が高めのはずのビッグコミック本誌よりも、ちょい若なオリジナルの方が達観してる感じのマンガが多くて怖い。人間は齢をとり過ぎるると赤ちゃんに近づいてくってアレみたいな。
| 会長 | 2009/01/27 7:49 PM |
Comment
そうそう、オリジナルはバラエティーなんだよね。あじさいの詩とか、三丁目の夕日とか、ほのぼのするのがあったり、野球、時代系、裁判所とかゴルフ。

渋くて古いけどバラエティー、それこそがオリジナルですな。
| あたこ | 2009/01/28 12:15 AM |









Trackback URL
http://tomorokosi.jugem.jp/trackback/514
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/01/22 6:41 AM |
漫画ランキング
漫画ランキングで話題のマンガを見てみましょう。ドラマ化された神の雫など流行のマンガがみつかります。
| 漫画ランキング | 2009/01/23 12:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/01/24 3:02 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/01/25 2:47 AM |
Recommend
Categories
Archives
Links
Profile